スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちびた虹の橋に行く

離婚で残った2匹のうち、コテツは3年前に虹の橋を渡り、
残ったチビタも昨日虹の橋を渡りました。

こんな狭い家でも初めて本当に一人になると寂しいものです。

今日、火葬でしたが何だか喪失感がハンパないです。

ペットセラピーってこういう時に効くものだとコテツが亡くなったときのチビタを思い出してしまいます。

何かしているときはなんでもないのですが、突然猛烈に涙が出るときがあります。
しばらくしたら落ち着くとは思うんですが。

思えば、6月7月くらいから体重が落ち始めて、もしかしたら今年は危ないかもしれないとむしの知らせというか
そんな気が漠然としたので、諸事情もあって9月で仕事を辞めてそのあとべったりしていましたので
どんどん体力が落ちていくのを間近で見ながら、介護が必要になったチビタを介護しながら
無事に年越せたなと思っていたのですが、ここ最近の例年にない寒波で特別寒かったのが体に堪えたのか
一気に橋を渡っていってしまいました。
できることは全部やったと思いたいけど、まだ何かあったんじゃないかと思うと自責の念が絶えません。

いつかは来るペットとの別れってこうなんですよね。

虹の橋を自分が渡るときに、ペットたちが自分を許してくれているかわかるまで
この後悔は続くんだろうなって思います。

あんまりいい飼い主じゃなかったと思うけど
もし虹の橋で待っていてくれたら
また会いたいと思います。


この世を去ったペットたちは、天国の手前の緑の草原に行く。食べ物も水も用意された暖かい場所で、老いや病気から回復した元気な体で仲間と楽しく遊び回る。しかしたった一つ気がかりなのが、残してきた大好きな飼い主のことである。

一匹のペットの目に、草原に向かってくる人影が映る。懐かしいその姿を認めるなり、そのペットは喜びにうち震え、仲間から離れて全力で駆けていきその人に飛びついて顔中にキスをする。

死んでしまった飼い主=あなたは、こうしてペットと再会し、一緒に虹の橋を渡っていく。
wikipedia虹の橋より

fc2blog_20170207174615b94.jpg

チビタ またね
スポンサーサイト

コメント

No title

この度はご愁傷様でした。

うちにも犬一匹と猫が二匹いますが
いつかそんな日が来るのかなーって思うと
悲しいので考えないようにしてます。

はんちょはきっと優しいから虹の橋で待っててくれてると
思います。
寂しくて悲しいけどそのうちふとまた猫を飼いたくなるよ。
僕だってそうだから。

悲しい時は泣けばいいと思います。
Secre

プロフィール

はんちょ@TAKO助

Author:はんちょ@TAKO助
現在のプレイMMOは
FNO
Divina
ルビニアサーガ
くらいです。
しかもIN時間激減してます。
見かけたら遠慮無く殴ってくださいw

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア








最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
  • 未分類(103)
  • 感想(146)
  • ミ(6)
  • 日常(89)
  • PC(34)
  • 友の会(4)
  • 社会(122)
  • 芸能(25)
  • 政治(33)
  • Netの話題(21)
最近のトラックバック
リンク
フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。