スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グゥゥゥッド、モーニンッ、ベートナァーーム!!

急に見たくなって買って来ちゃいましたw

ロビン・ウィリアムス 若ーーーーーーっいw

そういうものかなって思うけど、わりと端々にアメリカ人らしい傲慢さも見え隠れするところが妙にリアリティ。
今はもう無い南ベトナムの話だもんね。
ロビンウィリアムスも故人になってしまったし、価値観の違いとアメリカ人の傲慢な部分とセンチメンタルな部分と
そういう戦闘シーンのほぼ無いベトナム映画でもやっぱりしんみりするもんです。
劇中で主人公がひとめぼれするベトナム女性の兄貴がアメリカから見るとテロ犯だったり
それに対して裏切られたと感じて発した言葉が「支援しに来てあげたのに」だったりするところが
アメリカ人の限界なんだろうなって。
当時の現地の人たちからするとそりゃ戦争しに来てる奴らはみんな同じだわな。

映画の内容なんかすっかり忘れてましたが

グゥゥゥッド、モーニンッ、ベートナァーーム!!

だけがものすごく記憶に残ります。
スポンサーサイト

俺たちに明日はない

を今日見ていたわけで。
つい先月、突然見たいなと思ってBD買おうかどうか考えてて、今日思いついて買ってきたわけです。
二枚で割り引きになってる商品だったので「明日に向かって撃て」と一緒に買ってきたわけです。
二枚で2980円。

やっぱりおもしろいです。

これ、自分が生まれた年の映画なんですよねー。
古いけどおもしろい。

2013年にTVどらまとしてリメイクされたのも海外サイトでちょっと見られましたが
やっぱりフェイ・ダナウェイのボニー印象が強くってちょっと違うかなと。

歳とってから見るとまた違った印象で、なんかなかなか深いもんですね。

破滅に向かっていけいけどんどんしちゃったのは若さ故なのか幼さなのか、
歳とってから見ると前半と後半で主人公二人の中身がどんどん変わっていくのがわかります。
当然、救われないエンドなわけですけどやっぱりこれで良かったんだよなぁと
やるせなさの中に納得してしまう。

今のハリウッド映画みたいにカタルシスもハッピーエンドも無いけど
たまに見るならこういう映画も良いんじゃないかなと思います。

あとは「ペーパームーン」がもう一回見たいですね。

そのうち買おうw
プロフィール

はんちょ@TAKO助

Author:はんちょ@TAKO助
現在のプレイMMOは
FNO
Divina
ルビニアサーガ
くらいです。
しかもIN時間激減してます。
見かけたら遠慮無く殴ってくださいw

カレンダー(月別)
06 ≪│2015/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア








最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
  • 未分類(103)
  • 感想(146)
  • ミ(6)
  • 日常(89)
  • PC(34)
  • 友の会(4)
  • 社会(122)
  • 芸能(25)
  • 政治(33)
  • Netの話題(21)
最近のトラックバック
リンク
フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。