スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口・光市母子殺害事件、最高裁弁論で結審

被告は現在無期懲役で服役中ですが 原告が「死刑以外は認められない」ということで
最高裁まで上告され 異例の最高裁での弁論のあった事件が結審しました。

状況を想像するのもおぞましい事件ですが 正直僕は死刑自体は反対です。
ただ 著しく社会に悪影響を及ぼす場合においてはその限りではないと思います。

例えば子供が何か社会的常識に反して他人に迷惑をかけたときに
そこにあるのは恐怖でなくてはならないと思います。
語弊があるかもしれませんが 話して理解しない人種も確かに存在するのです。
ですから理解の糸口に恐怖を与えるという手段も無くてはならないと思います。
また 更正の可能性が無いと判断された時点で死刑やむなしという状況もあると思いますけれども。

今回の事件の弁護士の言動が あちこちで問題になっていますが
方向性としてはそういう方向に弁護するしか道は残っていないのだろうなぁと思います。

死刑廃止論について蕩々と述べたところで意味はなく
友人に出した手紙の文面から 情状酌量など望めるはずもなく
事実誤認ということで争うしか手段がないのは解りますが
理由付けがどこの誰から見ても小学生の言い訳以下の発言で
弁護士自体の信用性を著しく貶めた発言の数々に体が震えるほどの怒りを感じました。

ここは日本という法治国家であり 中国のような人治国家ではありません。
ですからそういう方向の弁護の手段もあるのは認めます。
判断するのは裁判官ですからドのような荒唐無稽な発言をされてもかまいません。
ただ 自分が社会一般の常識的な認識から大きくかけ離れているということについての
認識が出来ていないのでしたら 弁護士としては不的確であると思います。

念のために申しておきますが 僕は基本的に死刑には反対です。
ただ この件の被告においては 速やかに死刑確定の後 即時の刑執行を望みます。
世の中には 更正の余地が欠如している人は 哀しいことに確かに存在しますから。

ここに至っても 被害者の人権は守られず 加害者の人権は保護する神経も解りませんけど。
人は死ねば人ではなく物体になるから守るべき人権も存在しないという論理なのでしょうね。
人権は確かになくなったかもしれませんが 遺族には人権があり
死者には尊厳があるというのが日本では一般常識です。
それを尊重するのが一般的日本人だと思います。

きっと最高裁から高裁に差し戻しになり 死刑確定するとは思いますが
この安田という弁護士をこのまま弁護士として仕事させることに
不安を覚えますけれども 僕は。

shikei.jpg


まぁ こんな感じでも良いのではないかと思いますが
いや やっぱりやり過ぎかw
スポンサーサイト

コメント

Secre

プロフィール

はんちょ@TAKO助

Author:はんちょ@TAKO助
現在のプレイMMOは
FNO
Divina
ルビニアサーガ
くらいです。
しかもIN時間激減してます。
見かけたら遠慮無く殴ってくださいw

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア








最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
  • 未分類(103)
  • 感想(146)
  • ミ(6)
  • 日常(89)
  • PC(34)
  • 友の会(4)
  • 社会(122)
  • 芸能(25)
  • 政治(33)
  • Netの話題(21)
最近のトラックバック
リンク
フリーエリア

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。